TGK Feature

開発/Development

たゆまぬ独創性、創造性への挑戦により、革新的な製品を創出し続けます。

メーカー系列に属さない独立系である利点を活かし、様々な自動車メーカーやシステムメーカーと組んだ共同開発や試験により、いち早く技術動向やフィードバックを取り込む製販・開発が一体となった製品開発。デバイス設計も手がける自社開発にこだわり、さらに生産設備の開発・製造も自前で行うことにより、他社がまねできない技術優位を確立してきました。この両輪による「技術革新」によって、先端技術の囲い込みという好循環が生まれ、TGKは制御部品のトップランナーであり続けられるのです。TGKでは、テクニカルセンターを核に、隣接する城山工場、本社・椚田工場が密接に連携し、マーケットニーズや環境対応などの社会的要請を先取りした新製品開発によって性能、品質、信頼性のすべてにわたり競合製品と差別化できる新製品開発に取り組んでいます。技術力の高さの証明である特許などの申請数は1,000件以上に達しています。

  • EV、HEV対応製品
  • EV(電気自動車)やHEV(ハイブリッド車)用ヒートポンプシステムに用いられる、各種制御弁を開発しております。
  • 次世代型冷媒対応製品
  • 現在のHFC-134a冷媒に代わる環境負荷の低い次世代型冷媒に対応した各種制御弁を開発しております。
  • 各種センサ類
  • IT技術の実用化に伴う車両のインテリジェント化に基づく、湿度、温度、光センサなど、各種センサの開発をしております。
  • 製品の樹脂化
  • 製品のコストダウン、軽量化のため、部品の樹脂化についての研究開発を進めております。
  • 各種制御機器
  • ご紹介している制御弁など、各種制御機器についても、常に新しいものをご提案できるよう、新製品開発を進めております。

生産/Production

オリジナリティ、競争力あふれる製品の秘密は、決してまねのできない生産現場にあります。

独創的な製品を世に送り出すのは、開発した製品を高品質かつ安価に製造する「生産技術力」や、精密な部品加工を実現する「製造力」が欠かせません。TGKは、生産設備のほとんどを自社で開発しています。国内外を問わず、TGKの生産現場で活躍するのは、独自のアイデアに基づいて設計され、新たに開発・製作された、かけがえのない生産設備なのです。TGKの「4つの革新」に、「技術革新」とともに「生産革新」を掲げるのは、これが強みの源泉ととらえているからにほかなりません。高品質で独創性あふれる製品を開発・設計し、フレキシビリティーに富んだ独自の生産設備を駆使し、どこにも負けないくらい早く、安くお客様に提供し、世界一流のデバイスメーカーとしての地位をより強固にする。そのために、開発と生産の両輪が常に新たな高みに挑戦し、磨きをかける。TGKの進化は、たゆまぬ「生産革新」が支えているのです。

品質/Quality

システムのなかで機能を発揮してこその、「品質」を徹底的に追求しています。

TGKは常にお客様の立場に立って、最適品質をお届けすることをモットーとしています。デバイス単体を提案・提供するだけでなく、デバイスをシステムに組み込み、システムがもっとも効率よく、あらゆる環境のもとで安全に機能できるようにすることが、私たちの使命です。TGKは、製品づくりのプロセスすべてにおいて、途切れることのない品質管理を実現するため、製品開発から設計・生産、そして完成品の検査に至るまで、それぞれのステージに適した品質追求を行っています。TGKでは1998年にISO-9001、2005年にISO/TS16949の認証を取得し、世界トップレベルの品質を常に追求しています。お客様のシステムにまで踏み込んだ、地道な取り組みがお客様に評価され、TGKはグローバルな顧客基盤を築き上げてきました。