代表者挨拶

絶え間ない革新が、世界最高品質の原動力

自動車業界はいま、海外市場の拡大、電動化など大きなパラダイムシフトの渦中にあり、日本が誇りにしてきたモノづくりの世界も、日本のモノづくりを堅持するのか(Made in Japan)、市場のある国で生産するのか(Made in Market)、低コストだけを求めて生産移転するのか、三者択一を迫られています。
こうした中にあってTGKは、製品の開発・設計・製造までのプロセスすべてを自社開発して築き上げた“Made in Japan”のモノづくりに強くこだわるとともに、“Made in Market”として市場が見込まれる各国での現地生産・現地供給に乗り出し、この2つの“Made”を組み合わせ、さらには常に進化し続ける技術力を一層磨くことで、この変化をチャンスに変えようとしています。
TGKはこれからも社員とともに持続的に成長していくために、「変化の先に進化がある 革新の先に勝利がある」を合言葉に、4つの革新「教育革新」「技術革新」「生産革新」「営業革新」に、全社一丸となって取り組んでまいります。
代表取締役 清宮 仁